フランスまるごとおまかせ! パリ発 フランス情報コミュニティー・ジャーナル

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Paris-Tokyo en courant, c'est parti pour Serge Girard --par Frederic Veille-- -Nouvel Observateur

 パリー東京間を結ぶユーラシア大陸を横断する超長距離マラソンに挑む、フランス人マラソンランナー、セルジュ・ジラールが12月18日、パリ・エッフェル塔を出発した。
 同氏がゴールを目指すのは、パリからおよそ1万9300キロ離れた、東京。パリを出発し、ドイツ、オーストリア、イタリア、クロアチア、ボスニア、アルバニア、ギリシャ、トルコ、イラン、トルクメニスタン、ウズベキスタン、キルギスタン、中国を通過し、2006年9 月下旬までに東京へのゴールを目指すという。
 現在51歳の同氏はこれまでに、北米、オーストラリア、南米、アフリカの各大陸の縦横断を制覇。今回の挑戦が成功すれば、南極大陸を除いた地球上の全大陸を走り抜いたことになる。
 また、今回の横断で、東京に予定通りに到着すれば、同氏自身が世界一と認識している、休息日なしでの最長距離走破記録(276日で約19030キロ)を自己更新することになる。
 なお、同氏が今回の超長距離走で用意しているのは、靴50足、靴下100足、冷却スプレー150本、マッサージオイル20リットルだという。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://francejournal.blog38.fc2.com/tb.php/75-3490edfe
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。