フランスまるごとおまかせ! パリ発 フランス情報コミュニティー・ジャーナル

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Sarkozy : une longueur d'avance sur Villepin -Le Figaro

12月15日発売の『Figaro Magazine』で、著名政治家の支持率が明らかになった。
 同誌の調査によると、支持率トップはいずれも50%の支持を得た、与党国民連合(UMP)党首、ニコラ・サルコジ内相、および社会党(PS)の女性議員で党首オランダ氏の妻でもあるセゴレーヌ・ロワイヤル氏。以下、ドミニク・ドビルパン首相(49%)、社会党ジャック・ラング氏、労働者闘争(LO)のアルレット・ラギ氏(37%)。ジャック・シラク現大統領は、19%で19位と低い支持。
 また、2007年の次期大統領候補者として支持する政治家としては、サルコジ氏が26%でトップ。2位セゴレーヌ・ロワイヤル氏(13%)を大差で押さえた。
 一方、与党UMP内において比較した場合、39%がドビルパン氏を支持。サルコジ氏の支持率は24%だった。調査の対象者は、サルコジ氏の国内における政治的決断力を評価しながらも、対外交戦略として好印象を与えるのはドビルパン氏だと答えている。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://francejournal.blog38.fc2.com/tb.php/71-e04155c3
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。