フランスまるごとおまかせ! パリ発 フランス情報コミュニティー・ジャーナル

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Patrick Poivre d’Arvor
パトリック・ポワーヴル・ダルヴォール

 フランス民放局最大手・TF1の看板ニュース番組『JT』20時からのキャスター、通称"PPDA"こと、Patrick Poivre d'Arvorとは?
160504700001.jpg
Photographe: CHOGNARD ETIENNE
(C) TF1


Patrick Poivre d'Arvorは、フランス一ポピュラーなニュースキャスター。サテライト局・Canal+で放送されている、人形劇を使った政治風刺番組『Les Guignols de l'info』でパロディーされるなど、フランスのオピニオンリーダー。少々アクの強いキャラクターの彼に対する評価は賛否両論で、日本で言うならば筑紫哲也というよりは、どちらかと言うと"久米宏"的存在にあたる。

 そんな彼はジャーナリストでありながら、実は同時に小説家としての顔も持ち、『Le Roman de Virginie』、『La Traversee du miroir』、『Les Femmes de ma vie』など、多数の作品を発表している。そして2001年には『L'Irresolu』で、ジャーナリストの小説に授与される"アンテラリエ賞"を受賞している。

 Patrick Poivre d'Arvorは、1947年ランス生まれ。ボルドーの政治学院を経て、法律と東洋語学を学んでいる。彼のジャーナリストとしてのキャリアは、1971年ラジオ局・France Interの朝のニュース番組でスタート。その後、現在のFrance 2の前身にあたる国営放送局・Antena 2やCanal+での司会者を経て、1987年からTF1のキャスターを務める。

 私生活では、拒食症に冒された実の娘が1995年に自殺し、メディアで大々的に報道された。その後、彼は娘に向けた本を2冊出版し、青少年のための医療更生施設を2004年に設立した。また1996年1月には、政治家の不正事実隠匿行為の罪で執行猶予付き15ヵ月の禁固、当時20万フラン(約132万ユーロ/1840万円)の罰金を課せられている。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://francejournal.blog38.fc2.com/tb.php/7-d781237d
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。