フランスまるごとおまかせ! パリ発 フランス情報コミュニティー・ジャーナル

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Reactions au plan de reforme des ZEP -Le Monde

 ジル・ド・ロビアン教育大臣は12月13日、移民の若者をフランス社会に参加させることを目指した教育政策『優先教育区指定計画(ZEPプラン』)を発表した。
 同政策は、主にアメリカで実施されている“アファーマティブ・アクション”のいわばフランス版。非差別層を優遇して入学、雇用させる政府の措置だ。政府はこのプランに基づき、家庭環境や社会状況、成績評価、語学レベルなどによって、3段階のカテゴリーを設定。これを基準に、1ヵ月以内に200~250の中学校を優先教育区として指定し、対象校に対して、2006年秋の新学期から総勢1000人の教育者、3000人のアシスタントを動員する。
 今回の措置は、フランス国内で10月末から相次いだ、郊外での暴動に対応しての決定。フランス国内に根付いた移民問題がもたらす、貧困、人種、社会的差別解消に向けた、政府の具体的な取り組みとして発表された。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://francejournal.blog38.fc2.com/tb.php/65-ecc1b2de
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。