フランスまるごとおまかせ! パリ発 フランス情報コミュニティー・ジャーナル

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Les tarifs d'appels des fixes vers les mobiles vont baisser au 1er janvier -Les Echos

 電子通信・郵便規制機関(ARCEP)は12月13日、固定電話から携帯電話への通話料金を値下げをフランステレコムに要求した。
 ARCEPの通達により、フランステレコムは2006年1月2日から固定電話から携帯電話への国内通話料を16%、海外県への通話料を18%値下げする。
 また同様に、Orange、SFR、Bouygues Telecomの3社も同日から通話料を24%値下げ。1分あたり最初の2分間を9.5サンチーム、以降11.24サンチームまで料金が引き下げられる。
 ARCEPによると、通話料の値下げは段階的に行われ、2007年はじめにさらなる値下げ要求を計画している。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://francejournal.blog38.fc2.com/tb.php/58-d71f30e6
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。